グリップエンドのデッドボール・自己申告・青木宣親が話題

グリップエンド 話題



グリップエンドとは

バーエンドバー は自転車の部品の一つ。ストレートハンドルやとんぼハンドルの末端に取り付けることにより、その欠点を補うものである。

ストレートハンドルは非常に強力なグリップ力を発揮する事ができるが、人間の手首はそもそも体の前にある水平の棒を握るのに適していない。また、動作が単調になりがちな長時間のツーリングでは、ハンドルの握り位置が1パターンしかないことが手首及び腕の疲労につながる。この欠点を補うための金属(カーボン製品もある)のバーがバーエンドバーであり、まっすぐなものから婉曲したもの、60mm程度のものから120mmを越えるものなど様々な形態がある。
wikipedia抜粋

「グリップエンドデッドボール」「グリップエンド自己申告」「グリップエンド青木宣親」という言葉が話題です。

グリップエンドの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました