徳川吉宗の将棋の日・御前対局・将軍が話題

徳川吉宗 話題



徳川吉宗とは

徳川 吉宗(とくがわ よしむね)は、江戸幕府第8代征夷大将軍(在職:1716年 – 1745年)。将軍就任以前は越前国葛野藩主、紀州藩第5代藩主を務めた。1716年から1745年頃まで享保の改革を行った。

徳川御三家の紀州藩第2代藩主・徳川光貞の四男。徳川家康の曾孫。父と2人の兄の死後、紀州藩主を継ぎ藩財政の再建に努め、成果を挙げた。第7代将軍・徳川家継の死により秀忠の男系子孫である徳川将軍家の血脈が途絶えると、6代将軍家宣の御台所・天英院の指名により江戸幕府の第8代将軍に就任した。紀州藩主時代の藩政を幕政に反映させ、将軍家宣時代の正徳の治を改める幕政改革を実施した。財政に直結する米相場を中心に改革を続行していたことから米将軍(八十八将軍)と呼ばれ、また、幕府改革で破綻しかけていた財政の復興などをしたことから中興の祖とも呼ばれている。
wikipedia抜粋

「徳川吉宗将棋の日」「徳川吉宗御前対局」「徳川吉宗将軍」という言葉が話題です。

徳川吉宗の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました