サクラバクシンオーのウマ娘・レース・フジキセキが話題

サクラバクシンオー 話題



サクラバクシンオーとは

サクラバクシンオー(欧字名:Sakura Bakushin O、1989年4月14日 – 2011年4月30日)は、日本の競走馬、種牡馬。

1992年に中央競馬(JRA)でデビュー。小島太を主戦騎手に短距離戦線で頭角をあらわし、1993年・1994年にスプリンターズステークスを連覇。1994年度のJRA賞最優秀短距離馬に選出された。通算21戦11勝。うち1400メートル以下では12戦11勝という成績を残しているいっぽう、1400メートルを上回る競走は9戦して1勝もしておらず、JRA史上最強でかつ顕著なスプリンターとも評される[注 。

種牡馬としては、高松宮記念の優勝馬ショウナンカンプとビッグアーサー、朝日杯フューチュリティステークスとNHKマイルカップの優勝馬グランプリボスなど、短距離からマイル路線の活躍馬を輩出した。2010年には内国産種牡馬として史上3頭目となる産駒JRA通算1000勝を達成している。母の父としての産駒には中・長距離路線を中心にGI7勝を挙げて顕彰馬に選定されたキタサンブラックがいる。
wikipedia抜粋

「サクラバクシンオーウマ娘」「サクラバクシンオーレース」「サクラバクシンオーフジキセキ」という言葉が話題です。

サクラバクシンオーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました