大量の軽石の沖縄県・海底火山・福徳岡ノ場が話題

大量の軽石 話題



大量の軽石とは

軽石(かるいし、pumice、パミス)とは、多孔質で密度の小さい火山砕屑物(火砕物)の一種。浮石(ふせき)あるいは浮岩(ふがん)ともいう。火山砕屑物にはスコリアもあるが、色調が淡色のものを軽石、暗色のものをスコリアと呼び違いがみられる。4mm未満の微細な軽石はパミサイト(英語:pumicite、軽石粉)と呼ばれる。
wikipedia抜粋

「大量の軽石沖縄県」「大量の軽石海底火山」「大量の軽石福徳岡ノ場」という言葉が話題です。

大量の軽石の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました