生成り姫の陰陽師・三宅健・林翔太が話題

生成り姫 話題



生成り姫とは

『陰陽師』(おんみょうじ)は、夢枕獏による小説。文藝春秋刊。平安時代の陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた伝奇小説である。晴明のパートナーとして同時代の貴族で楽人の源博雅が登場する。初出は『オール讀物』1986年9月号に掲載された短編小説「陰陽師」(単行本収録時に「玄象といふ琵琶鬼のために盗らるること」に改題)。単行本は1988年に第1作『陰陽師』が刊行されて以降シリーズ作品となっている。

1993年に岡野玲子により漫画化された。テレビドラマ化や映画化、舞台化も何度かされている。
wikipedia抜粋

「生成り姫陰陽師」「生成り姫三宅健」「生成り姫林翔太」という言葉が話題です。

生成り姫の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました