大豆ミートのあさイチ・バター・生クリームが話題

大豆ミート 話題



大豆ミートとは

代替肉(だいたいにく)とは、動物を屠殺して得る食肉の代替として、大豆など植物性原料を使い、肉の食感に近づけた食品である。

世界人口の増加や畜産に伴う環境負荷、動物倫理などの解決策として注目されている。

プラントベースドミート(PBM)、フェイクミート、大豆ミート、大豆肉、ソイミート(soy=大豆)、疑似肉、植物性タンパク、アナログミート、ダミーミートなどとも呼ばれる。

本物の食肉を避けるベジタリアンやヴィーガン向けのみならず消費者一般に普及しつつあり、日本でも2019年頃から代替肉は拡がりを見せてきている。ユーロモニター・インターナショナルによる世界市場調査では、世界の消費者の4人に1人が肉の消費量を削減しているという。

2020年時点での代替肉は割高となっているが、市場が拡大するにつれて価格は安くなることが予想される。コストコは2024年までに少なくとも一つの代替肉製品は肉と同等の値段、あるいはそれより安く販売すると約束している。

また本来の肉でも動物の飼育を伴わない培養肉(人工肉)の開発も進んでいる。

植物性原料でつくられた、他の動物性食品(魚介類、乳製品、鶏卵)に似せた食品を含めて「代替食品」と総称されることもある。
wikipedia抜粋

「大豆ミートあさイチ」「大豆ミートバター」「大豆ミート生クリーム」という言葉が話題です。

大豆ミートの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました