児童生徒の不登校・自殺のコロナ・過去最多・学校が話題

児童生徒の不登校・自殺 話題



児童生徒の不登校・自殺とは

不登校(ふとうこう)は、学校に登校していない状態を指す。登校拒否とも言う。日本における「不登校」の語については、研究者、専門家、教育関係者らの間に全国的に統一した定義がなく多義的である。

1968年、日本児童精神医学会で精神医学者の清水将之が初めて使った言葉であり、当初は、病気や貧困、非行などを原因とするものは「不登校」の定義からは除外されていた。そのような「ありふれた」理由以外での新しい欠席現象に対して名づけられたものであるが、現在は幅広い意味で使われることが多い。
wikipedia抜粋

「児童生徒の不登校・自殺コロナ」「児童生徒の不登校・自殺過去最多」「児童生徒の不登校・自殺学校」という言葉が話題です。

児童生徒の不登校・自殺の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました