明智光秀のコレミステリー・南光坊天海・これが話題

明智光秀 話題



明智光秀とは


明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。

美濃国の明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。

最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。道三と義龍の親子の争い(長良川の戦い)の結果、浪人となり、越前国の一乗谷に本拠を持つ朝倉義景を頼り、長崎称念寺の門前に十年ほど暮らし、このころに医学の知識を身に付ける。その後、足利義昭に仕え、さらに織田信長に仕えるようになった。

元亀2年(1571年)の比叡山焼き討ちへ貢献し、坂本城の城主となる。天正元年(1573年)の一乗谷攻略や丹波攻略にも貢献した。

天正10年(1582年)、京都の本能寺で織田信長を討ち、その息子信忠も二条新御所で自刃に追いやった(本能寺の変)が、自らも織田信孝・羽柴秀吉らに敗れて討ち取られた(山崎の戦い)。
wikipedia抜粋

「明智光秀コレミステリー」「明智光秀南光坊天海」「明智光秀これ」という言葉が話題です。

明智光秀の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました