ノーサイドの全員野球・岸田・ラグビーが話題

ノーサイド 話題



ノーサイドとは

ノーサイド(英語: no side)は、ラグビー(特にラグビーユニオン)において、試合終了のことを指す古い英語表現で、日本においては現在でも使用されている(現在の英語圏では no side という表現は一般的ではなく、代わりに full time が用いられている)。

ワールドラグビーは「ラグビーではかつて審判が試合終了を宣言するために「no side」と叫んでいたが、ノーサイドという表現は日本で生き残り、試合終了のホイッスルが鳴れば全員がお互いの違いをわきに置くという意味になった」、またスポーツマーケティングに関わる海老塚修は「No sideの由来は『試合が終了したら、どちらのチーム(サイド)という区別なく、同じ仲間である』という精神に基づいていると聞いたことがある」と述べた。
wikipedia抜粋

「ノーサイド全員野球」「ノーサイド岸田」「ノーサイドラグビー」という言葉が話題です。

ノーサイドの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました