不動産バブル懸念の日本・中国・民間が話題

不動産バブル懸念 話題



不動産バブル懸念とは

バブル崩壊(バブルほうかい)は、日本の不景気の通称で、バブル景気後の景気後退期または景気後退期の後半から、景気回復期(景気拡張期)に転じるまでの期間を指す。内閣府景気基準日付でのバブル崩壊期間(第1次平成不況や複合不況とも呼ばれる)は、1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの景気後退期を指す。
wikipedia抜粋

「不動産バブル懸念日本」「不動産バブル懸念中国」「不動産バブル懸念民間」という言葉が話題です。

不動産バブル懸念の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました