スナメリのダーウィンが来た・銚子・集団が話題

スナメリ 話題



スナメリとは

スナメリ(砂滑、Neophocaena phocaenoides)は、ネズミイルカ科スナメリ属に属する小型のイルカである。主に海水域に生息するが、淡水である中国の長江(揚子江)に生息する個体群も見られ、中国では江豚(jiangtun、長江の豚の意)と呼ばれている。

スナメリ属(Neophocaena)はスナメリ(N. phocaenoides)1種のみからなり、ネズミイルカ科の現生群の中では比較的早期に分岐した群である[要出典。日本でも地域によってさまざまな名称があり、仙台湾から東京湾ではスナメリ、伊勢湾や三河湾ではスザメ・スンコザメ、瀬戸内海から響灘ではゼゴ・ゼゴンドウ・ナメクジラ・ナミソ・デゴンドウ・デングイ、大村湾、有明海、橘湾ではナミノウ・ナミウオ・ボウズウオなどと呼ばれている。
wikipedia抜粋

「スナメリダーウィンが来た」「スナメリ銚子」「スナメリ集団」という言葉が話題です。

スナメリの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました