高市氏てこ入れの総裁選・西日本新聞・自民が話題

高市氏てこ入れ 話題



高市氏てこ入れとは

高市皇子(たけちのみこ・たけちのおうじ)は、天武天皇の皇子(長男)、母は宗形徳善の娘、尼子娘。壬申の乱では近江大津京を脱出して父に合流し、美濃国不破で軍事の全権を委ねられ活躍した。持統天皇の即位後は太政大臣になり、以後は天皇・皇太子を除く皇族・臣下の最高位になった。
wikipedia抜粋

「高市氏てこ入れ総裁選」「高市氏てこ入れ西日本新聞」「高市氏てこ入れ自民」という言葉が話題です。

高市氏てこ入れの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました