ブレイクスルー感染のワクチン接種・2回・重症が話題

ブレイクスルー感染 話題



ブレイクスルー感染とは

打ち抜き感染(ぶちぬきかんせん)またはブレイクスルー感染(Breakthrough infection)、突破型感染とは、ワクチンを接種した患者が、そのワクチンが予防する筈のものと同じ感染症に罹ってしまう事を指す。簡単に言えば、ワクチンがその目的とする病原体に対する免疫を提供出来ない場合に発生するものである。打ち抜き感染は、おたふく風邪、水疱瘡、インフルエンザなど、様々な病気の予防接種を受けた患者に確認されている。打ち抜き感染の特徴は、ウイルス自体に依存する。多くの場合、予防接種を受けた患者の感染症は、自然に感染した場合よりも症状が軽く、期間も短くなる。

打ち抜き感染の原因には、ワクチンの不適切な投与や保管、ウイルスの突然変異、抗体による遮断などがある。これらの理由から、ワクチンの効果が100%であることは殆どない。一般的なインフルエンザワクチンでは、接種者の58%がインフルエンザに対する免疫を獲得できると推定されている。麻疹ワクチンは、接種した子供の2%に免疫が出来ないとされている。しかし、集団免疫が存在する場合、通常、効果のないワクチン接種を受けた患者が病気に感染するのを防ぐ事が出来る。従って、集団免疫は、集団における打ち抜き感染の数を減少させる。
wikipedia抜粋

「ブレイクスルー感染ワクチン接種」「ブレイクスルー感染2回」「ブレイクスルー感染重症」という言葉が話題です。

ブレイクスルー感染の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました