懲戒免職の小学校教諭・児童・差別的発言が話題

懲戒免職 話題



懲戒免職とは

懲戒解雇(ちょうかいかいこ)とは、民間企業において、就業規則に基づく懲戒の一つとして行う解雇のことである。一般的にクビと呼ばれる。労働者に対する最も重い処分で、対象者は重大な違反を犯す者として社会全体で認識され、再就職ができなくなる可能性が高い。労働者としての資質を判断する上で重要な事実であるため、就職活動時に懲戒解雇の事実を隠蔽すると経歴詐称になる。尤も、自ら履歴書に記載しなくても、離職証明書・退職証明書には懲戒解雇であることが記載されるため、一般的な会社の採用選考であれば隠蔽することは難しい。なお、公務員の場合は懲戒解雇ではなく、懲戒免職(ちょうかいめんしょく)と呼ばれる。

懲戒解雇の法律上の定義はなく、習慣的な名称である。法文上は「労働者の責に帰すべき事由」に基づく解雇と称される。もっとも「労働者の責に帰すべき事由」に基づく解雇は労働基準法等に定める行政手続上の言葉であり、就業規則に基づく民事的な手続きである懲戒解雇とは区別される。

他の種類の解雇である普通解雇や整理解雇は懲戒の意味を含まないが、会社にとって不都合な理由が有ったため解雇された(広義のクビであった)ことは事実であり、こちらも再就職は容易ではない。
wikipedia抜粋

「懲戒免職小学校教諭」「懲戒免職児童」「懲戒免職差別的発言」という言葉が話題です。

懲戒免職の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました