DUNEデューンの砂の惑星・映画館・ドゥニ監督が話題

Duneデューン 話題



DUNEデューンとは

『DUNE/デューン 砂の惑星』(原題: Dune、別題: Dune: Part One)は、2021年のアメリカ合衆国のSF映画。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾で、原作の前半部分をほぼ網羅している。ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督、エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本を務める。主要キャストとしてティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター(英語版)、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。

1965年に発表された『デューン』は、1971年以降複数の映画製作者が映画化の権利を所有するなど何度も映画化が試みられたが、物語の複雑さ重厚さにより映像化が困難な小説とされている。過去には1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に終わり製作過程が『ホドロフスキーのDUNE』として2013年に公開、1984年にはデイヴィッド・リンチが映画『デューン/砂の惑星』、2000年にはリチャード・P・ルビンスタイン(英語版)がテレビシリーズ『デューン/砂の惑星』をそれぞれ製作している。ドゥニ・ヴィルヌーヴが製作する本作は通算5度目の映像化作品となる。
wikipedia抜粋

「DUNEデューン砂の惑星」「DUNEデューン映画館」「DUNEデューンドゥニ監督」という言葉が話題です。

DUNEデューンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました