ゲッターロボアークの真ゲッターロボ・ゲッターロボ號・ゲッターアークが話題

ゲッターロボアーク 話題



ゲッターロボアークとは

『ゲッターロボ アーク』は、永井豪原作、石川賢とダイナミックプロ作画により、2001年から2003年まで双葉社アクションピザッツ増刊『スーパーロボットマガジン』で連載されていた漫画、および作品内に登場する架空のロボットの名称。

1974年から石川賢が執筆した「ゲッターロボサーガ」シリーズの最後の作品で、漫画版『ゲッターロボ號』の続編となっている。掲載誌の休刊により「第一部・完」として終了。単行本化の際に20ページ加筆されたが、2006年に石川賢が鬼籍に入ったため、ストーリー、ひいてはゲッターロボサーガそのものが未完となった。

終盤では石川賢の別作品『セイテン大戦フリーダーバグ』に登場する超巨大ロボットが「バグ」の名で登場している。
wikipedia抜粋

「ゲッターロボアーク真ゲッターロボ」「ゲッターロボアークゲッターロボ號」「ゲッターロボアークゲッターアーク」という言葉が話題です。

ゲッターロボアークの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました