花火の音のどこか・なん・どっかが話題

花火の音 話題



花火の音とは

花火(はなび、煙火)は、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付けて、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを演出するもの。火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によって様々な色合いの火花を出すことができる。原則として野外で使用するのが一般的。

花火の光・色彩・煙を発生させる火薬の部分を星(ほし)という。多くの場合は火薬が爆発・燃焼した時に飛び散る火の粉の色や形を楽しむが、ロケット花火やへび花火(蛇玉)、パラシュート花火のように、火薬の燃焼以外を楽しむものもある。花火大会のほか、イベントなどの開催を告げるため、また、祝砲の代わりにも使われる。

英語では、fireworksという。近年は「華火」の字を当て字として使用している例も稀にある。
wikipedia抜粋

「花火の音どこか」「花火の音なん」「花火の音どっか」という言葉が話題です。

花火の音の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました