美しい日本に出会う旅の楽しみ・再放送・高橋一生が話題

美しい日本に出会う旅 話題



美しい日本に出会う旅とは

『美しい日本に出会う旅』(うつくしいにっぽんにであうたび)は、BS-TBSで2012年10月から放送されている紀行・ドキュメンタリー・教養番組である。キャッチコピーは『にっぽんを、記憶する旅へ。』。

初代 旅の案内人の中村勘九郎時代は、タイトルが『美しい日本に出会う旅 〜勘九郎 街道をゆく〜』(うつくしいにっぽんにであうたび かんくろう かいどうをゆく)であったが、二代目に引き継がれて以降は、『美しい日本に出会う旅』のみとなった。

日本の古い街道や町並みに残る、暮らしや食文化などを紹介している。「旅の案内人」として語りを務めるのは、歌舞伎役者の中村勘九郎。第1回・第20回・第41回・第77回・第84回・第105回には、勘九郎が旅人として出演している(逆にいうと「勘九郎」の冠番組ではあるが、本人が現地レポ出演する回が稀である)。

第77回では、勘九郎の旅に弟・中村七之助がナレーションを担当するという兄弟共演が実現した。

勘九郎の最終回にあたる第111回では、勘九郎と七之助が兄弟で旅人として出演した。番組内で七之助へ旅の案内人を引き継ぐことが発表され、2015年4月放送分より、七之助が語りを勤めている。

2017年4月(第191回)放送より、旅の案内人(ナレーション)の担当が、中村七之助から 井上芳雄&高橋一生&瀬戸康史の3人に変更される事が3月13日の記事にて発表された。『3人はそれぞれの登場回でナレーターを担当する』とのこと。

2018年10月3日より、月〜金曜19:30〜21:00に、報道1930を編成する関係で、放送時間が21:00〜21:54に変更になる。
wikipedia抜粋

「美しい日本に出会う旅楽しみ」「美しい日本に出会う旅再放送」「美しい日本に出会う旅高橋一生」という言葉が話題です。

美しい日本に出会う旅の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました