チャーリー・ワッツのローリングストーンズ・好き・ドラマーが話題

チャーリー・ワッツ 話題



チャーリー・ワッツとは

チャールズ・ロバート“チャーリー”ワッツ(Charles Robert “Charlie” Watts, 1941年6月2日 – 2021年8月24日)は、イギリスのミュージシャン。ロックバンド、ローリング・ストーンズのドラマー。ジャズ好きでジャズ・アルバムも発表している。

デビュー以来、今日までミック・ジャガー、キース・リチャーズと共に在籍し続けているオリジナルメンバーの1人である。ジャズに影響を受けた独特のドラミングで、ストーンズの独自性溢れる音作りを永年にわたって支えている。また、同バンド以外に自らが率いるジャズ・バンドでも活動している。エルヴィス・プレスリーを嫌いだったと証言したこともある。

「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」に於いて第12位。また、「LA Weekly誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」に於いて第3位。
wikipedia抜粋

「チャーリー・ワッツローリングストーンズ」「チャーリー・ワッツ好き」「チャーリー・ワッツドラマー」という言葉が話題です。

チャーリー・ワッツの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました