生涯後悔の死刑判決・裁判長・野村悟が話題

生涯後悔 話題



生涯後悔とは

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 – 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

その作品の多くは短編小説である。また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。『蜘蛛の糸』『杜子春』といった児童向けの作品も書いている。

晩年は患っていた精神障害が作品にも現れるようになり、「唯ぼんやりした不安」を動機として自殺。文壇のみならず社会にも衝撃を与えた。
wikipedia抜粋

「生涯後悔死刑判決」「生涯後悔裁判長」「生涯後悔野村悟」という言葉が話題です。

生涯後悔の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました