教員免許更新制の間違い・免許更新講習・免許状所持が話題

教員免許更新制 話題



教員免許更新制とは

教員免許更新制(きょういんめんきょこうしんせい)とは、教育職員となるための免許状を一定の期間ごとに更新しなければならないとする制度のことである。

教員資格のありようについては国によって異なっており、終身有効である国(イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ合衆国の一部など)とそうでない国(日本、アメリカ合衆国の多くの州など)がある。

教員免許更新制の主な目的としては、一定期間ごとに教員が技術や知識を獲得する機会が得られる、教員としてふさわしくないものを排除出来る等、教員の質を維持出来ることである。ただし、日本においては「不適格教員を排除するための制度ではない」と文部科学省より示されている。

他方で、日本弁護士連合会などからも、教員免許更新制は、更新のための講習により「教育現場の時間的な負担が増し、子どもたちに関わる時間が減ってしまう」、「受講機会の確保や講習内容についての議論も、尽くされているとは言えない」などといった指摘もある 。
wikipedia抜粋

「教員免許更新制間違い」「教員免許更新制免許更新講習」「教員免許更新制免許状所持」という言葉が話題です。

教員免許更新制の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました