ヒラサワの庭師・フジロック・きたが話題

ヒラサワ 話題



ヒラサワとは

平沢 進(ひらさわ すすむ、1954年(昭和29年)4月1日 – )は、日本のミュージシャン・音楽プロデューサー、映像CGアーティスト。愛称は「師匠」[注釈 「ヒラサワ」[注釈  「ステルス」[注釈 「音楽使い」[注釈 。

1973年にロックバンド・MANDRAKEを結成、音楽活動を開始。1979年にP-MODELのボーカル・ギター担当としてメジャーデビュー。1989年以降はバンドと並行してソロ活動を開始する。

その独自の音楽性と活動は米津玄師、DAOKO、リッカルド・ブレット、トビー・ドライヴァーなどのミュージシャンの他、三浦建太郎、今敏、秋元きつね、古坂大魔王、Benedykt Szneider(ベネディクト・シュナイダー)といったクリエイターも影響を公言している。

1994年、観客参加型のマルチメディアコンサート「インタラクティブ・ライブ」を支援者の協力を得て考案。その後、定期的に開催され、2000年に行われた「インタラクティブ・ライブ・ショウ 2000 賢者のプロペラ」がデジタルコンテンツグランプリ2001の経済産業大臣賞を受賞している。また、2006年にはアニメ映画『パプリカ』の劇伴を担当し、主題歌である「白虎野の娘」が米国で行われる第79回アカデミー賞のノミネート候補に選定された。

1999年にはメジャーレーベル出身のアーティストで国内初となる、MP3によるデジタル音楽配信を開始する。それに伴い、音楽配信の弊害となるメジャーレーベルを離脱し、以降は自社レーベル「CHAOS UNION」にてインターネットを中心に活動を行っており、作品の販売やライブコンサートも自身と少数の社員らで企画して行っている。公式ファンクラブは「GREEN NERVE(GN)」。

2009年からはTwitterも開始。毎週水曜日を除く21時から22時までTweetを連日行っており、音楽作品のみからでは汲みきれない平沢ならではの独自の世界観が人気を呼んでいる。
wikipedia抜粋

「ヒラサワ庭師」「ヒラサワフジロック」「ヒラサワきた」という言葉が話題です。

ヒラサワの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました