福徳岡ノ場の噴火警報の切替・噴石・噴煙が話題

福徳岡ノ場の噴火警報 話題



福徳岡ノ場の噴火警報とは

福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)とは、北緯24度17分6.0秒 東経141度28分54.0秒 / 北緯24.285000度 東経141.481667度 / 24.285000; 141.481667 (福徳岡ノ場)座標: 北緯24度17分6.0秒 東経141度28分54.0秒 / 北緯24.285000度 東経141.481667度 / 24.285000; 141.481667 (福徳岡ノ場)(南硫黄島の北約5km[注 )に位置する粗面安山岩質の海底火山であり、北福徳カルデラ内の中央火口丘である。

有史以来たびたび噴火し、時には海面上に新島を形成するまでに成長して「新硫黄島」と呼称されていた。しかし波浪により海没し、2010年の時点では島はなく最浅水深25mほどのギヨーとなっていた。その後も海上保安庁や海上自衛隊による調査が行われており、2007年、2008年、2010年、2013年にも変色水が観測された。
wikipedia抜粋

「福徳岡ノ場の噴火警報切替」「福徳岡ノ場の噴火警報噴石」「福徳岡ノ場の噴火警報噴煙」という言葉が話題です。

福徳岡ノ場の噴火警報の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました