キセキノテイオーの無事完走・レース・7歳が話題

キセキノテイオー 話題



キセキノテイオーとは

トウカイテイオー(Tokai Teio、1988年4月20日 – 2013年8月30日)は、日本の競走馬、種牡馬である。

主な勝ち鞍は1991年皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、1992年ジャパンカップ、1993年有馬記念など。七冠馬シンボリルドルフの初年度産駒の一頭であり、日本調教馬として最初の国際G1競走優勝馬である[注 。1991年度JRA賞年度代表馬、最優秀4歳牡馬および最優秀父内国産馬、1993年度JRA賞特別賞受賞。 1995年、顕彰馬に選出。

「皇帝」と称された父から連想して付けられた馬名より「帝王」、幾度もの骨折から復活の勝利を挙げた競走生活から「奇跡の名馬」とも呼ばれる。
wikipedia抜粋

「キセキノテイオー無事完走」「キセキノテイオーレース」「キセキノテイオー7歳」という言葉が話題です。

キセキノテイオーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました