大麻使用の貴源治・十両・力士が話題

大麻使用 話題



大麻使用とは

大麻(たいま、cannabis)は、アサ(大麻草)の花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナ(marijuana)とも。花から製造された(栽培種の花序からとった)ものをガンジャ(Ganja)、樹脂をハシシ(hashish)、チャラスと呼ぶ。喫煙・飲食で摂取される。含有される約60種類のカンナビノイド、特にテトラヒドロカンナビノール(THC)には薬理作用があり、その作用から抑制剤に分類されるが知覚変容の幻覚作用もある一方、強くはないので幻覚剤とまではみなされなず、眠気を起こす作用もあるが興奮目的でも用いられる。紀元前から用いられてきた。日本では大麻取締法における規制薬物だが、その扱いは国により異なる。医療大麻が認められている国は2021年時点で50を超え、ウルグアイや米国の一部の州、カナダなど一部の国や地域では嗜好品としても合法である。

大麻(麻)の繊維は、日本では古くからしめ縄、神事のお祓いの大麻(おおぬさ)など吸引以外の目的に用いられてきた。日本では繊維用もいっしょくたにし栽培について強く規制するようになった。国際的には、1912年の万国阿片条約を1925年に補足した際に、大麻の流通や使用が制限された。1961年、後続の麻薬に関する単一条約により医療や学術上の理由のない輸出入・流通・生産、所持が規制されるに至った。

しかし規制の格付けが科学的証拠に従っていないとして、2016年より世界保健機関(WHO)による証拠の見直しが進められ、一定の危険性と乱用性と共に医療価値が見出され、大麻関連の規制の降格が勧告された。痛み、てんかん、癌、AIDS、喘息、緑内障、うつ病、睡眠障害、食欲増進など、様々な領域における医療利用についての研究があるとしている。2020年には麻薬委員会がまとめた各国投票を通じて、「危険性が医療価値を上回る」という条約の分類から大麻が削除されることが決定された。
wikipedia抜粋

「大麻使用貴源治」「大麻使用十両」「大麻使用力士」という言葉が話題です。

大麻使用の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました