伊豆諸島北部の線状降水帯発生・気象庁・土砂災害が話題

伊豆諸島北部 話題



伊豆諸島北部とは

伊豆諸島(いずしょとう)は、太平洋(フィリピン海)に連なる東京都の島嶼部である。有人島も存在し、南方の島は常春と呼ばれる気候条件下にある。各島は異なる特色を持ち、それぞれ島寿司、明日葉、イルカ、釣り、サーフィン、温泉、登山、天体観測などで有名である。

伊豆半島の南東方向、伊豆大島から孀婦岩までの間にある100余りの島嶼からなる。最南部のベヨネース列岩、須美寿島、鳥島、孀婦岩は「豆南諸島(ずなんしょとう)」とも呼ばれる。行政区画としてはいずれも東京都であるが、歴史的経緯から「伊豆諸島」の名称が定着している。またこうした地理的、行政的な名称とは別に、伊豆七島(いずしちとう)という名称が一般には使われている。

現在、人が定住している島(有人島)の数は9。大島のほか、利島・新島・式根島・神津島・三宅島・御蔵島・八丈島・青ヶ島の8島がそれである。かつては鵜渡根島や八丈小島・鳥島にも定住者がいたが、今は無人島になっている。また、地内島・早島・大野原島・藺灘波島・ベヨネース列岩・須美寿島・孀婦岩などは有史以来の無人島である。

伊豆諸島の八丈島以北が富士箱根伊豆国立公園に属する。
wikipedia抜粋

「伊豆諸島北部線状降水帯発生」「伊豆諸島北部気象庁」「伊豆諸島北部土砂災害」という言葉が話題です。

伊豆諸島北部の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました