土砂降りのおはよう・自分・久しぶりが話題

土砂降り 話題



土砂降りとは

『土砂降り』(どしゃぶり)は、1952年(昭和27年)に北条秀司が著し、新派が初演した日本の戯曲であり、同作を原作として1957年(昭和32年)に中村登が監督し、松竹大船撮影所が製作、松竹が配給して公開した日本の長篇劇映画である。映画は、当時の「映画倫理管理委員会」(新映倫、現在の映画倫理委員会)は同作を成人映画に指定し、18歳未満の鑑賞を制限した。
wikipedia抜粋

「土砂降りおはよう」「土砂降り自分」「土砂降り久しぶり」という言葉が話題です。

土砂降りの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました