ブリュンヒルデのネロ祭・礼装・水着が話題

ブリュンヒルデ 話題



ブリュンヒルデとは

ブリュンヒルド(古ノルド語: Brynhildr、中高ドイツ語: Brünhilt、ドイツ語: BrünhildないしBrünhilde、英語: Brunhild、ブリュンヒルト、ブリュンヒルデとも)は、ゲルマンの英雄譚に登場する女性である。実在した西ゴート王女ブルンヒルドを原型としていると考えられている。

北欧の伝承においては、ブリュンヒルドは盾乙女ないしヴァルキュリャとして登場する。『エッダ』『古エッダ』そして『ヴォルスンガ・サガ』には、彼女を主要人物とする同一のエピソードが含まれている。一方、大陸ゲルマン圏では、『ニーベルンゲンの歌』の中心人物として、力強いアマゾネスの如き女王として描かれる。いずれにおいても、ブルグントの王グンナル(グンテル)と結婚させられた後にシグルズ(ジークフリート)に死をもたらす役割を担う。シグルズの妻グズルーン(クリームヒルト)との口論が、シグルズへの殺意の直接の原因となる。北欧の伝承では、ブリュンヒルドはシグルズを殺した後に自害するが、大陸ゲルマンの伝承ではしない。

リヒャルト・ワーグナーは、楽劇『ニーベルングの指環』の重要なキャラクターとしてブリュンヒルデ(Brünnhilde)を登場させた。現代のブリュンヒルドのイメージの多くは、この作品の影響を強く受けている。
wikipedia抜粋

「ブリュンヒルデネロ祭」「ブリュンヒルデ礼装」「ブリュンヒルデ水着」という言葉が話題です。

ブリュンヒルデの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました