ちらし寿司の陰毛・6月27日・おはようが話題

ちらし寿司 話題



ちらし寿司とは

ちらし寿司(ちらしずし)は、酢飯に多種類の具材を合わせて作る寿司の一種である。

語源は文字通り寿司飯の中、あるいは上に様々な具を「散らす」という意味で、単に「ちらし」と呼ばれる事もある。

江戸前寿司においては、白い酢飯の上に、にぎり寿司に用いる寿司種を並べたものを指すが、関東周辺以外の地域では一般に、酢飯に調味した具材を混ぜ込み、錦糸卵や海苔などで飾り付けを施したものをちらし寿司と称する。

酢飯の中に何も混ざっていないのが「ちらし寿司」、酢飯に様々な具材を混ぜたものが「五目寿司」と説明されることもあるが、地域や世代によって呼び分けは異なり、正式な定義ではない。

発祥は鎌倉時代に起源を持つとされる「五目ちらし寿司」のほうが古く、「江戸前のちらし寿司」は江戸時代後期に寿司職人の賄い飯として誕生したと言われている。

本稿では、生魚を用いる江戸前のちらし寿司と、寿司飯に具を混ぜ込んで作るちらし寿司の両方について扱う。
wikipedia抜粋

「ちらし寿司陰毛」「ちらし寿司6月27日」「ちらし寿司おはよう」という言葉が話題です。

ちらし寿司の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました