マクレガーさんのピーターラビット・かわいそう・可哀想が話題

マクレガーさん 話題



マクレガーさんとは

ピーターラビット(Peter Rabbit)は、ビアトリクス・ポターの児童書に登場する主役キャラクターであり、シリーズ作品の総称ともなっている。「ピーターうさぎ」と翻訳されている場合もある。

1893年9月4日にビアトリクス・ポターが友人の息子に宛てた絵手紙が原型である[注 。1902年には初の本「The Tale of Peter Rabbit(日本語タイトル:ピーターラビットのおはなし、ピーターうさぎ、ピーターうさぎのぼうけん)」が出版される。

ピーターラビットシリーズの累計発行部数は全世界で2億5000万部を超え、日本の福音館書店版は1300万部以上が発行されている[要出典。また第1作の「ピーターラビットのおはなし」の発行部数は全世界で4500万部を超えている。

日本では福音館書店版での「ピーターラビット」という表記が最も一般的なものとなっているが、日本以外の多くの国では”Peter Rabbit”を各国の言語に翻訳したタイトルで出版されている。日本でも「ピーターうさぎ」というタイトルの翻訳も存在する(詳しくは後述)。
wikipedia抜粋

「マクレガーさんピーターラビット」「マクレガーさんかわいそう」「マクレガーさん可哀想」という言葉が話題です。

マクレガーさんの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました