副反応以上の高い予防・効果・河野太郎が話題

副反応以上 話題



副反応以上とは

副反応(ふくはんのう)とは、ワクチン接種に伴う免疫付与以外の反応のことである。ワクチンの場合、投与に伴う免疫付与以外の反応も外来物質の化学的作用ではなく免疫学的機序によって起こるものが多い。そのため一般的な治療薬における副作用と区別している。[要出典英語圏ではワクチンでも治療薬でも同じ語が使われる。有害事象とは、接種後の不利益な反応のすべてであり、因果関係を問わない。治験では掴めなかった低い頻度の副作用の発生が検出されるよう、迅速に情報収集がなされる。

1948年のジフテリア予防接種禍事件は、予防接種の制度による品質保証が不十分なため、戦後の薬害事件1号となり、世界最大の予防接種事故となった。1962年にはじまるインフルエンザワクチン訴訟、1970年の種痘ワクチン、1989年の新三種混合ワクチン(MMRワクチン)、2005年の日本脳炎ワクチンでは重篤な症状が生じていることが検出され、接種中止やワクチンの改良などが続いた。

日本での副反応被害救済については、1970年の閣議了解による暫定的な救済措置を経て、1976年の予防接種法の改正によって制度化された。

ヒトパピローマウイルスワクチン(HPVワクチン)は重篤な副反応は増加しないことが知られており、世界的には接種が進められている。しかし、日本では2013年に厚生労働省により積極的な推奨が中止され、2016年には薬害があるとする集団訴訟が起こされた。
wikipedia抜粋

「副反応以上高い予防」「副反応以上効果」「副反応以上河野太郎」という言葉が話題です。

副反応以上の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました