Amazonアプリの不具合・障害・バグが話題

Amazonアプリ 話題



Amazonアプリとは

Amazon AppstoreとはGoogle Androidに対応したモバイルアプリケーションストアである。2011年3月22日にオープンした。アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインで利用できる。オープン時有料無料合わせて3,800本のアプリケーションが配信されていた。Amazon.comは開発者に売価の70%か開発者の希望小売価格の20%のどちらか高い方を支払っている。

2011年9月28日、Amazon.comは新しい低価格タブレットであるKindle Fireを発表した。このタブレットはアプリケーション販売をGoogleのではなくAmazon AppstoreのみにするAmazonのエコシステムによるメディア消費(英語版)のためにユーザーインターフェースはAmazon Appstoreによりシンクロする新しいデザインになっている。

Amazon Appstoreには「free app a day(→今日だけ無料のアプリケーション)」機能がある。毎日通常有料のアプリケーション(ゲームが多い)が日替わりで無料で配布される。オープン日はAngry Birds Rio(英語版)(広告無し)が宣伝を兼ねて無料で配布された。欧州でのオープン日はAngry Birds(広告無し)が無料配布された。しかし、無料対象アプリケーションは定価の20%を支払うというAmazonの規約の例外となり開発者には何も支払われない。

また「Test Drive」という機能では30分間、ユーザーがウェブブラウザでAmazon EC2クラウドにあるAndroidのバーチャルコピーを使ってアプリケーションを試すことができる。

当初Amazon Appstoreはアメリカ合衆国のみで展開していたが、2012年8月30日にイギリスを含む欧州各国で展開されるようになった。
wikipedia抜粋

「Amazonアプリ不具合」「Amazonアプリ障害」「Amazonアプリバグ」という言葉が話題です。

Amazonアプリの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました