毒物カレー事件の和歌山・新潟少女監禁事件・秋田児童連続殺害事件が話題

毒物カレー事件 話題



毒物カレー事件とは

和歌山毒物カレー事件(わかやまどくぶつカレーじけん)とは、1998年(平成10年)7月25日夕方に和歌山県和歌山市園部で発生した毒物混入・無差別大量殺傷事件である。

地区で行われた夏祭り[注 において提供されたカレーライスに毒物が混入され、カレーを食べた67人が急性ヒ素中毒になり、うち4人が死亡した。和歌山カレー事件とも呼ばれる。後に混入された毒物は亜ヒ酸と判明し、被疑者として逮捕・被告人として起訴され、殺人・殺人未遂・詐欺の罪に問われた主婦の林 眞須美(はやし ますみ)は無罪を訴えたが、第一審で死刑判決を受け、控訴・上告も棄却されたため、2009年に最高裁判所で死刑が確定した。

地域の夏祭りでの毒物混入事件であり、不特定多数の住民らを殺傷するという残忍性、当初の「集団食中毒」から、「青酸化合物混入」、「ヒ素混入」と原因の見立てや報道が二転、三転したこと、住民らの疑心暗鬼や犯人に関する密告合戦、さらには住民の数を上回るマスメディア関係者が2カ月以上も居座り続けるという異常な報道態勢などが連日伝えられた。

2020年(令和2年)9月27日時点で林眞須美は死刑囚として大阪拘置所に収監されている一方、2009年7月22日付で和歌山地裁に再審請求を提起している。
wikipedia抜粋

「毒物カレー事件和歌山」「毒物カレー事件新潟少女監禁事件」「毒物カレー事件秋田児童連続殺害事件」という言葉が話題です。

毒物カレー事件の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました