ときの日本の自分・方向・能力が話題

ときの日本 話題



ときの日本とは

トキ(朱鷺、鴇、桃花鳥、学名 : Nipponia nippon)は、ペリカン目トキ科トキ属に分類される鳥類。本種のみでトキ属を構成する。

かつては世界でわずか数羽になるまで減少し絶滅の危機に瀕しており、日本では環境省レッドリストで「野生絶滅」の状態にあった。しかし日中両国の保護・人工繁殖の甲斐あって、2000年代以降は個体数が回復していった。2019年時点の個体数は、中国が2,600羽、日本が600羽、韓国が363羽。

学名は Nipponia nippon(ニッポニア・ニッポン)で、日本の国鳥はキジであるが、しばしば「日本を象徴する鳥」などと呼ばれることもある。新潟県の「県の鳥」、同県佐渡市[注釈 と石川県輪島市[注釈 の「市の鳥」である。
wikipedia抜粋

「ときの日本自分」「ときの日本方向」「ときの日本能力」という言葉が話題です。

ときの日本の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました