接種検討のワクチン・集団・年齢引き下げが話題

接種検討 話題



接種検討とは

ヒトパピローマウイルスワクチン(HPVワクチン、HPV予防ワクチン、子宮頸癌ワクチン)は、特定のヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)の持続感染を予防するワクチンである。

HPVは、子宮頸癌、尖圭コンジローマ、肛門癌などの癌の発生に関係する。アメリカ食品医薬品局(FDA)では、45歳までの男性および女性に予防接種を推奨している。中咽頭癌の一部にも HPV感染が関与が判明しており、オーラルセックスなど性交渉の多様化が要因とされている。米国では中咽頭癌における HPV陽性率は1980年代の16%から2000年代初頭には72%まで増加した。

HPVワクチンの接種は、定期的な子宮癌検診を代替するものではないため、女性の場合は接種後も子宮の定期検診が必要である。日本では「子宮頸がんワクチン」という通称がよく使われるため、女性のみを対象としたものだと思われることが多いが、子宮頸がん以外のがんの発生を予防することができるため、男性・女性に関わらず有効なワクチンである。
wikipedia抜粋

「接種検討ワクチン」「接種検討集団」「接種検討年齢引き下げ」という言葉が話題です。

接種検討の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました