震度4の地震の熊本県・熊本地方・最大震度が話題

震度4の地震 話題



震度4の地震とは

東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん、英: 2011 earthquake off the Pacific coast of Tōhoku)は、2011年(平成23年)3月11日(金)14時46分18.1秒に、日本の三陸沖の太平洋を震源として発生した超巨大地震である。

地震の規模はマグニチュード (Mw) 9.0から9.1で、日本の観測史上最大規模だった。また宮城県栗原市で最大震度7が観測された。気象庁により震度7が記録されたのは、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、2004年の新潟県中越地震以来、観測史上3回目である。

この地震による災害を総称して「東日本大震災」と呼ばれる。本震の地震動とそれに伴う津波、およびその後の余震は東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらした。死者・行方不明者数は約1万8千人で、災害関連死を含めると計約2万2千人となっており、日本における第二次世界大戦後最悪の自然災害と言われている。また、国際原子力事象評価尺度で最も深刻なレベル7と評価された福島第一原子力発電所事故も併せて発生した。
wikipedia抜粋

「震度4の地震熊本県」「震度4の地震熊本地方」「震度4の地震最大震度」という言葉が話題です。

震度4の地震の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました