職場接種のワクチン接種・企業・集団接種が話題

職場接種 話題



職場接種とは

COVID-19ワクチン(コビッド19ワクチン、英: COVID-19 vaccine)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスであるSARSコロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対して、ヒトに獲得免疫を提供することを目的としたワクチンである。2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式・製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。

世界的に見て、2020年末や2021年初頭から複数の製薬企業の複数種のCOVID-19ワクチンの接種が始まっている。各国のワクチンの接種状況を概観すると、早期にワクチン調達契約を結ぶことに成功し既に大規模に接種が行われた国と、ワクチン調達で遅れをとってしまい未だにほとんど接種が進んでいない国がある。「ワクチンの確保・接種状況」参照。
wikipedia抜粋

「職場接種ワクチン接種」「職場接種企業」「職場接種集団接種」という言葉が話題です。

職場接種の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました