怪獣8号の呪術廻戦・新刊・3巻が話題

怪獣8号 話題



怪獣8号とは

『怪獣8号』(かいじゅうはちごう)は、松本直也による日本の漫画作品。怪獣発生率が世界屈指となっている架空の日本を舞台としたバトル漫画。ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)2020年7月3日より連載中。

松本にとって3作目の連載作品。2016年春以降、『少年ジャンプ+』はオリジナル作品が主力となって人気を伸ばしており、ヒット作を次々と輩出していた。その中で、能力は高いものの長年不遇だった作家たちが、新作を発表してブレイクするという流れが起きていた。松本も漫画家歴は長いがこれまでヒット作を発表できずにいた。こうした背景の元で本作の連載が始まり、2021年3月の時点では『SPY×FAMILY』と並ぶ『少年ジャンプ+』最大のヒット作と賞された。

毎週金曜更新となっているが、描き溜めが無くなった2020年8月28日更新分より「3話描いて1回休むくらいのペースで更新」したいとしている。なお、休載日には怪獣の存在する日常風景イラスト集「怪獣百景」が掲載されている。

本作に登場する怪獣は台風のように番号で呼ばれ、津波を呼ぶ危険性がある、強さにはマグニチュードになぞらえた「フォルティチュード」という単位が使われるなど、自然災害(特に地震)のメタファーとして機能している。これは第二次大戦下の空襲を象徴していた特撮怪獣映画『ゴジラ』(1954年)などとは異なり、『シン・ゴジラ』(2016年)に代表される東日本大震災(2011年)以降の怪獣作品の系譜にあるとされている。

担当編集者によると、大人が過去にワクワクしていたものを大人目線で楽しめるような作品にしたかったという。若者に受け入れられるか心配していたが、結果的に予想以上の反響となった。
wikipedia抜粋

「怪獣8号呪術廻戦」「怪獣8号新刊」「怪獣8号3巻」という言葉が話題です。

怪獣8号の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました