お前なしのオレたち・ダメ・何度が話題

お前なし 話題



お前なしとは

ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前100年 – 紀元前44年3月15日[注釈 )は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea jacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また彼が布告し彼の名が冠された暦(ユリウス暦)は、紀元前45年から1582年まで1600年間以上に渡り欧州のほぼ全域で使用され続けた。

古代ローマで最大の野心家と言われ、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、永久独裁官(英語版)(ディクタトル・ペルペトゥオ)となった。

従来カエサルをポプラレス(民衆派)に属するような説明がされてきたが、当時の政治状況を簡単に二分することはできないため、最近では「カエサル派」と呼ばれる。
wikipedia抜粋

「お前なしオレたち」「お前なしダメ」「お前なし何度」という言葉が話題です。

お前なしの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました