途上国向けの日本調達提供・880億円拠出表明・ワクチンが話題



途上国向けとは

開発途上国(かいはつとじょうこく、英: developing country)とは、経済発展や開発の水準が先進国に比べて低く、経済成長の途上にある国を指す。発展途上国(はってんとじょうこく)、または単に途上国(とじょうこく)とも言われる。一般的には、経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)が作成する「援助受取国・地域リスト」(DACリスト)第I部に記載されている国や地域が該当する。

東南アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカ、オセアニア、東ヨーロッパ、NIS諸国の国々に多い。近年の急速な経済成長から新興国や中進国と称される国がある一方で、後発開発途上国に指定される国もあり、一言で「開発途上国」と称しても国のあり方は多様である。
wikipedia抜粋

「途上国向け日本調達提供」「途上国向け880億円拠出表明」「途上国向けワクチン」という言葉が話題です。

途上国向けの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました