皇室典範の憲法解釈・国民主権・法律が話題

皇室典範 話題



皇室典範とは

皇室典範(こうしつてんぱん、昭和22年法律第3号)は、日本国憲法第2条及び第5条に基づき、皇位継承、天皇・皇族の身分、皇室会議、摂政の設置など、皇室に関する事項を定めた日本の法律。

所管官庁は、宮内庁である。

1947年(昭和22年)に、日本国憲法第100条及び第2条、第5条に基づき、日本国憲法施行前に、憲法附属法の制定手続によって、枢密院の諮詢及び帝国議会(衆議院、貴族院)の協賛を経て、2020年(令和2年)現在の「皇室典範」(昭和22年法律第3号)が制定され、1947年(昭和22年)5月3日、日本国憲法と同時に施行された。
wikipedia抜粋

「皇室典範憲法解釈」「皇室典範国民主権」「皇室典範法律」という言葉が話題です。

皇室典範の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました