規模最小限の五輪開催・尾身・厳格が話題

規模最小限 話題



規模最小限とは

実用最小限の製品(じつようさいしょうげんのせいひん、Minimum Viable Product、MVP)は、初期の顧客を満足させ、将来の製品開発に役立つ有効なフィードバックや実証を得られる機能を備えた製品のバージョンを指す。

誤った仮定に基づき多くの機能を備えた製品の開発すると、失敗した場合のコストとリスクも増加するため、MVPからインサイトを得てそれを徐々に製品開発に反映させるほうが比較的に安価である。この用語は、2001年にフランク・ロビンソンによって考案・定義され、その後スティーブ・ブランクとエリック・リースによって広められた。また、事前に市場分析を実施することもMVPの範疇に含まれる場合がある。
wikipedia抜粋

「規模最小限五輪開催」「規模最小限尾身」「規模最小限厳格」という言葉が話題です。

規模最小限の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました