助演男優賞の松村北斗・レッドアイズ監視捜査・1位が話題

助演男優賞 話題



助演男優賞とは

アカデミー助演男優賞(アカデミーじょえんだんゆうしょう、Academy Award for Best Supporting Actor)は、アカデミー賞の一部門で、1936年の第9回からとりいれられた。初期の受賞者に与えられたのはオスカー像ではなく、オスカー像の描かれた楯が贈呈され、1944年に開催された第16回授賞式からは、実物大の像が贈られるようになった。

最年少受賞者はティモシー・ハットンの20歳、最年少候補者はジャスティン・ヘンリーの8歳。最年長受賞者はクリストファー・プラマーの82歳、最年長候補者はクリストファー・プラマーの88歳。

最多受賞者は3回受賞のウォルター・ブレナン。2回受賞経験者はマハーシャラ・アリ、マイケル・ケイン、メルヴィン・ダグラス、アンソニー・クイン、ジェイソン・ロバーズ、ピーター・ユスティノフ、クリストフ・ヴァルツの7人。最多候補者はウォルター・ブレナン、ジェフ・ブリッジス、ロバート・デュバル、アーサー・ケネディ、ジャック・ニコルソン、アル・パチーノ、クロード・レインズの4回。

ヒース・レジャーは死後に受賞。また、ラルフ・リチャードソンも死後にノミネートされた。
wikipedia抜粋

「助演男優賞松村北斗」「助演男優賞レッドアイズ監視捜査」「助演男優賞1位」という言葉が話題です。

助演男優賞の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました