潜入捜査中の気象予報士・西島・モネが話題

潜入捜査中 話題



潜入捜査中とは

身分秘匿捜査(みぶんひとくそうさ、英: undercover, undercover operation, be (go) undercover)とは捜査の過程において、情報や証拠を掴む目的で、機密情報を知り得る立場にいる個人や団体の信頼を得るため、もしくは捜査対象からの信頼をすでに得ているものに取り入るために、自身の身元を偽装する、または架空の身元を作り出すような手法を講じるものをいう。秘密捜査とも言われる。通例としてはおとり捜査(英: sting operation)をはじめとする世界中の法執行機関が採用する秘密捜査手法のことを指し、このような捜査の中心的役割を担う人物は通常、秘密捜査員(英: undercover agents (police, officers, detectives))やスパイと呼称される。秘密捜査に従事する捜査員は自身の真の身分を隠し、犯罪者に単に偽装するだけではなく、しばしば犯罪者その者となって違法な活動に手を染め、マフィアなどの対象組織に潜入することもある。このため秘密捜査は潜入捜査とも呼称される。この種の過酷な任務にさらされる捜査員のストレスは比較的大きく、後々心理的・精神的負担となることも多い。

アメリカ合衆国の法執行機関は比較的秘密捜査を多用する傾向にある が、その他の国では際限なき使用に歯止めを掛けるため運用に法の厳格な適用が求められる場合がある。ドイツ、オランダでは刑事訴訟法上に運用に関連する規定が存在する。日本の場合はおとり捜査に限定した上で各種法令に規定されている場合もあるが(”おとり捜査に関する法令”を参照)刑事訴訟法上では、2011年時点、一切規定されていない。他方、ある条件下でのおとり捜査を認める判例が存在し通常こちらに基づいて捜査が行われる。

秘密捜査は組織犯罪対策(違法薬物・武器取引、資金洗浄、脱税、売春斡旋などの摘発)、テロ対策、カウンターインテリジェンスの一翼を担う。中には飲酒可能年齢(英語版)に達していない未成年に酒を販売した店員を逮捕するため米国の地方警察が覆面捜査員を投入する例 や売春婦に偽装した婦人警官を使う英国の例 のような比較的軽微な事案に対しても投入される場合すらもある。

「アンダーカヴァー」という用語はその他報道やジャーナリズム分野でも使われることがあり、ゴンゾー・ジャーナリズムの一つで調査報道(英: investigative journalism)の延長線上にあるイマージョン・ジャーナリズム(英語版)(英: immersion journalism)やアンダーカバー・ジャーナリズム(英語版)(英: undercover journalism)など対象組織への潜入を伴う取材、及びそれに従事する潜入ジャーナリストを指す場合もある。
wikipedia抜粋

「潜入捜査中気象予報士」「潜入捜査中西島」「潜入捜査中モネ」という言葉が話題です。

潜入捜査中の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました